春樹元年 〜日経MJと教育をベースに雑多なブログ〜

日経MJと村上春樹のファンです。ブログ名は村上「春樹」ともうすぐ年号が変わるので「元年」をくっつけました。東京都で小学校教師をやっています。「ファンタジスタ(規格外な閃きや創造性で、あらゆる人を魅了する)」な実践を積み上げ、ファンタジスタな教師になることを目標としていました。ただ、今はブログにも夢中です。頭に浮かんだ閃きを整理するために書きます。※本ブログに記載してある内容は個人の意見です。

名言

patagoniaから何を学べるのか?

僕の好きなアウトドアメーカー、 patagonia ! 値段は高いけど、やはりイカします! 茅ヶ崎に住んでいたときは1番近い直営店が鎌倉でした。 今は吉祥寺に直営店がありますので、以前よりも近くなってハッピーです! 吉祥寺に行くときは必ずお店に寄っちゃい…

スナ上春樹

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011 (文春文庫) 村上春樹のインタビュー集、一度でいいから読んでほしいです。 いや、600ページ近くある本なので、村上春樹が好きではない人にとっては億劫でしょう。 それならば、数…

青山学院大学陸上競技部監督 原晋 名言集③

青山学院大学陸上競技部監督 原晋 名言集③ ①「努力してもだめなこともある。でも、努力を止めてしまったら結果は出ない。」 ②「時代遅れ」は「手遅れ」になる。 ③新しい発見やアイデアは、内から生まれるより、外と交わることで生まれてくるものです。 ④組織…

勝ち続ける組織の作り方〜青森山田高校サッカー部監督 黒田剛〜 名言集

勝ち続ける組織の作り方〜青森山田高校サッカー部監督 黒田剛〜 名言集 勝ち続ける組織の作り方 -青森山田高校サッカー部の名将が明かす指導・教育・育成・改革論- ①指導や教育において、教わる側の素直さや誠実さこそが、教える側のやる気と情熱を倍増させ…

勝ち続ける理由〜原晋〜 名言集②

勝ち続ける理由〜原晋〜 名言集② ①陸上界の指導者の中にはツイッターなどのSNSを禁止する人がいるが、私はむしろ積極的に活用する方針をとっている。 ②聞いた人がいろいろと想像できるというのが、イコール言葉の魔法である。 ③頭に入らないような言葉は、す…

勝ち続ける理由〜原晋〜 名言集①

勝ち続ける理由〜原晋〜 名言集① ①私はそんなバッシングなどに一切、怯えない。それは、陸上界をもっと華やかな世界にするという大義があるからだ。 ②人間というのは不思議な生き物で、なんでも与えられていると意欲が失せてしまう。やはり何か悔しさがない…

職業としての小説家を読む3〜批判に負けない村上春樹の名言〜

教師をやっていると様々な批判を聞く。 「あの先生はあれをやってくれない」 「前の先生はやってくれたことを今の先生はやらない」 「学校全体のバランスを崩している」 年々、免疫がついてきているが、それでも批判を受けるというのは苦しいことだ。 今回は…

続・アンダーグラウンド〜頭のいい人の正しい頭の使い方〜

今回もこの本をもとに進んでいこうと思う。 アンダーグラウンド (講談社文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1999/02/03 メディア: 文庫 購入: 13人 クリック: 69回 この商品を含むブログ (217件) を見る 村上春樹氏によるオウム真理教地…

職業としての小説家を読む2〜村上春樹から学ぶオリジナル論(かさ編)〜

「オリジナル」とは何でしょうか? 「あれはオリジナルだね」の境界線はどこなのでしょうか? 今回はオリジナルについて、基本中の基本について学びます。 今回のテキストも、もちろん村上春樹氏です。そして、幾多の名言に詰まったこの本です。 職業として…

職業としての小説家を読む〜村上春樹から学ぶ幸運論〜

あるとき、あなたに「幸運」が舞い降りてきました。 そんなとき、あなたはどうしますか? 幸運が舞い降りたときの道標を教えてくれる本です。 職業としての小説家 (新潮文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/09/28 メディア: 文庫 こ…

優柔不断なあなたに贈る応援言葉

職業としての小説家 (新潮文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/09/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (17件) を見る 村上春樹の著書「職業としての小説家」は素晴らしい本です。 村上春樹なんて知らない、村上春樹は何となく好…

村上春樹名言〜1日1語の更新型記事〜

2018年6月16日(土) 「即効性と非即効性の違いは、たとえて言うなら、小さいやかんと大きなやかんの違いです。小さいやかんはすぐにお湯が湧くので便利ですが、すぐに冷めてしまいます。一方大きなやかんはお湯が湧くまでに時間はかかるけれど、いっ…

走り続けるための理由

村上春樹は偉大な小説家と共に、実はランナーでもあります。 「走る小説家」なのです。 どんな経緯で彼が走ることになったのかは、この本に詳しいです。 走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫) (小説ではないですが、名著です) さて、この本…