春樹元年 〜日経MJと教育をベースに雑多なブログ〜

日経MJと村上春樹のファンです。ブログ名は村上「春樹」ともうすぐ年号が変わるので「元年」をくっつけました。東京都で小学校教師をやっています。「ファンタジスタ(規格外な閃きや創造性で、あらゆる人を魅了する)」な実践を積み上げ、ファンタジスタな教師になることを目標としていました。ただ、今はブログにも夢中です。頭に浮かんだ閃きを整理するために書きます。※本ブログに記載してある内容は個人の意見です。

教育

宿題をなくしたい!〜ある教師の悩み〜

ヤルキは現役の小学校教師です。 今日も昨日も明日も授業をやっているのです。 そんな中堅どころのキャリアの持つヤルキ先生にはある悩みがあります。 それは… 宿題を出したくないのです! 切実に思います。 宿題を出したくねぇ①!〜準備が大変!〜 宿題を出…

優柔不断なあなたに贈る応援言葉

職業としての小説家 (新潮文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/09/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (17件) を見る 村上春樹の著書「職業としての小説家」は素晴らしい本です。 村上春樹なんて知らない、村上春樹は何となく好…

学校に先生が足りない!?

頑張らなくていいじゃない… 忙しいんだもの 契約パパにお任せ イクメン集う「お父さんバンク」 「楽しい」子供もニッコリ 男性シッターも頼りに 今日の日経MJの記事だ。 ついにお父さんも契約する時代になったか! う、うらやましい… 学校の先生にも代行の先…

デジタルとアナログの価値を考える

日経MJ(6月10日)の記事です。 鉛筆とIoTのコラボーレーションです。 これを読んでふと昔のことを思い出しました。 ボールペン勉強法!? IoTペンを見て思うこと 量的にかさばらない データが細かく出ればデジタルらしい!? ボールペン勉強法!? 僕が…

正義なき力は無能なり、力なき正義も無能なり〜空手バカ一代〜

空手バカ一代(1) (講談社漫画文庫) 作者: つのだじろう,梶原一騎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1999/07/12 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 11回 この商品を含むブログ (42件) を見る ただいま、神奈川の実家に帰って漫画を読んでいます。 中学生の…

これからは「ノー」が子どもを伸ばす〜「イエス」の風潮に対抗して〜

Think Simple ―アップルを生みだす熱狂的哲学 作者: ケン・シーガル 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2012/07/31 メディア: Kindle版 購入: 4人 クリック: 5回 この商品を含むブログを見る 子どものやる事すべてを認めてあげよう… ダメと言ってはならない……

夢を叶えるために大切なこと。それは語ることだ

THE BLUE HEARTS(デジタル・リマスター・バージョン) アーティスト: THE BLUE HEARTS 出版社/メーカー: TRI-M 発売日: 2013/08/09 メディア: MP3 ダウンロード この商品を含むブログを見る 夢を叶えるために何が大切なのだろう? いろいろある中で、僕はこ…

つらいときは近くを見て!〜キミに出会えてよかった!〜

つらいとき、苦しいとき、自分がちっぽけに感じるときがある。 一生懸命やっているはずなのに、なぜか自分だけが悪者に感じるときがある。 それが人生、それが人間。 なかなかこの世界で生き抜いていくのが厳しい。 でも、忘れないでほしい。 キミは一人では…

やさしさとは? 〜チャットモンチーから学ぶやさしさ論〜

やさしい人はいる。 でも、どんな人をやさしい人というのか? やさしくされた。 でも、どんなことがやさしくされたというのか? やさしくなった。 でも、どんな行動がやさしくなったというのか? いったい、やさしさとは何だろう? やさしさ「チャットモンチ…

学校現場においてプログラミング教育の最強ツール、それはマイクロビットかもしれない

天気のよい東大散歩はとてもいい。 久々、あるイベントに参加してきました。その中から気づいたことです。 学校現場に適したプログラミングとは? マイクロビット最強説の根拠は? 学校現場でプログラミングを広めるには? マイクロビットは価値を生み出せる…

先生はえらい

先生はえらい (ちくまプリマー新書) 今年度のスタートはずっとずっとスランプ状態だった。FBで景気のいい記事を見ると、「あぁ、俺あかんな〜」と落ち込んだ。なぜか授業がうまくいかない、学級経営もうまくいかない、ほめることより叱ることの方が多い1日…

世界で一番、子供の前でカッコつける職業

卒業生に会うのは嬉しい。でも、実は正直怖い部分もある。未熟な授業・学級経営で、自分は本来あるみんなのよい部分を消してしまったのではないか、そのことで自分のことを恨んでいるのではないか、ずっと消えない心の傷である。 でも、この心の傷はやはり「…

課題があるほどいい!

閃いた! 発想を変えてみよう。 「課題がある学校ほど、いい学校」「課題があるクラスほど、いいクラス」「課題がある教師ほど、いい教師」 にしてみたらどうか。 すると、①課題を見つけやすくなる。→課題に対する意識が上がるから。 ②ストレスが溜まりずら…

流川楓に恋して…

意外や意外、かの伝説の漫画「スラムダンク」で誰が好き?っと聞かれたら、「流川楓」と答えてしまう。 お前ミーハーかよ!って言われそうだが、だって本当にかっこいいから仕方がない。 ちなみに、好き!って言うのは、「憧れ」って意味。僕は流川楓の生き…

「イノベーションは『考え方』を変えること」

「イノベーションは『考え方』を変えること」 昨日、今まで経験したことないイベントがあって、たくさん学びはあったけど、すっごく疲れた。そして、もちろん翌日は仕事だ。 元々、僕はスロースターター。だから、月曜日はダメ。調子が悪い。子どもに会うの…

デスク・ラーニング

※今回はあまり真面目に読まないで下さい。 先週の発表で時間がなく、あまり語れなかったことがある。 発表ではさらっと流してしまったが、僕のクラスを語る上でとても大切な「考え方」、それがこの「机学習」である。 英語にすると、「デスク・ラーニング」…

支援級の子どもたちの一番の理解者…

I think… 学校において、支援級の子どもたちの一番の理解者… それは、「支援級の子どもたち」なんだって。 残念ながら、「支援級の先生たち」ではないんだな。 「支援級の子どもたち」ー。なんであの子たちは、あんなにゆっくり行動する子を「〇〇ちゃん、ま…

教育を木で例えると…

教師というのは大変だ! 「葉っぱ」を観ないといけないな〜。→一人一人の子どもをしっかり観ないとね。 「枝」も観ないといけないな〜。→子ども同士の関係性もしっかり観ないとね。 「木」も観ないといけないな〜。→その子だけでなく、クラスという集団もし…

正解がたくさんある世の中

「正解のない世の中」 という表現が 苦しかったら、痛かったら、つらかったら 「正解がたくさんある世の中」や「正解が一つではない世の中」 という表現に変えたらどうだろう? 違いはよくわからないけど、 何となくいい 気がする

ウソップに恋して…

スラムダンクでは流川楓が一番好きなキャラクターだった。 では、ワンピースでは誰が一番好きなのか? またまた意外や意外、僕が一番好きなキャラクターは… ウソップなのだ。 ウソップは作者も「一番読者と距離が近いキャラクター」と言っているように、超人…

子どもは実験台なのか?

神奈川を去る際、ある保護者から言われたこと。 「石井先生が色々なことをやってくださって本当に楽しかったです」 その保護者の言葉はさらにこう続く。 「我が子が色々なことにチャレンジする場をたくさんいただけ、本当にありがたかったです」 その実践が…

他人のせい

今、目の前にある現状。 それは夢ではない。 それが事実なんだ。現実なんだ。 今のあなたの実力なんだ。 もし、それが理想と懸け離れていたとしても、 子どものせいにするな 親のせいにするな 他の先生のせいにするな 環境のせいにするな 社会のせいにするな…

これからの教師の生き方

神奈川の正規を退職しちゃったから、僕は現在、東京で非正規だ。 もちろん、不祥事を起こしたわけでなくて(^^;笑 キャリアステップさ。 でも、たとえば学級崩壊クラスを転々として、その都度立て直していく「フリーランスティーチャー」や、2年間の教育現場…

わかったふり わかったつもり

「わからない」子への指導は意外と楽である。 その子の心に火をつけるのと、もの、場所、時間、ヒトという学習環境を整えれば、けっこう成長が見える。 しかし、 「わかったふり」「わかったつもり」の子への指導は本当に大変だ。 テストでもよくカンニング…

インクルーシブデザイン

【インクルーシブデザイン】 数年前に「授業のユニバーサルデザイン」という言葉が出てきた。 「特別支援の視点を授業に取り入れようー」 とても素晴らしい考え方で、その後の教育に影響を与えてくれたと思う。 しかし、今だから言えるが、当時の授業のユニ…

まともじゃねえことをまともに考えたって…

「まともじゃねえことをまともに考えたって、考えるだけ無駄だってさ」 村上春樹「海辺のカフカ」に登場するホシノさんのセリフ。 この小説、すごく好きだ。どの場面もすごくいい。ただ、敢えて「1番心に残った場面は?」と問われれば、下巻242ページの9行目…

宿題契約

なんというか自分らしい実践。 実践名を結論からいうと、 その名も、 「宿題契約」 だ。 昨今、宿題についての「◯✕」が問われている。 どっちよりかといえば、僕は宿題「✕(バツ)」派だ。 たかが宿題だろ?と思う人もいるかもしれないが、意外と宿題は大変…

クラスでイノベーションの起こし方

【クラスでイノベーションの起こし方】 簡単。 「話し合いをやらないこと」です。 こーんな会話がありました。 その一。 「先生、来週の水曜日の昼休みにクラスレクをしたいので、何がやりたいかみんなに聞いていいですか?」 「そんなのいらないから、自分…

先生と言われることの「畏れ」

正直に言いなさい。 「自分の名前をネットで検索しちゃったことがある人!?」 「はいっ!!」 「俺!!!」 僕はあります。でも、あなたもきっとあるでしょう?笑 ちなみに僕の名前「石井康友」で検索すると、プロゴルファーや、熱い警察官さんが出てきまし…

誰かを悪者にする考え方・システム

うぅ、久々にモヤモヤ。 前の職場の先輩に言われた、「誰かを悪者にする考え方・システムはやめよう!」という言葉が胸に響く。 この言葉を胸に刻んで、できることを頑張ってこう自分。