春樹元年 〜日経MJと教育をベースに雑多なブログ〜

日経MJと村上春樹のファンです。ブログ名は村上「春樹」ともうすぐ年号が変わるので「元年」をくっつけました。東京都で小学校教師をやっています。「ファンタジスタ(規格外な閃きや創造性で、あらゆる人を魅了する)」な実践を積み上げ、ファンタジスタな教師になることを目標としていました。ただ、今はブログにも夢中です。頭に浮かんだ閃きを整理するために書きます。※本ブログに記載してある内容は個人の意見です。

教育

支援級の子どもたちの一番の理解者…

I think… 学校において、支援級の子どもたちの一番の理解者… それは、「支援級の子どもたち」なんだって。 残念ながら、「支援級の先生たち」ではないんだな。 「支援級の子どもたち」ー。なんであの子たちは、あんなにゆっくり行動する子を「〇〇ちゃん、ま…

教育を木で例えると…

教師というのは大変だ! 「葉っぱ」を観ないといけないな〜。→一人一人の子どもをしっかり観ないとね。 「枝」も観ないといけないな〜。→子ども同士の関係性もしっかり観ないとね。 「木」も観ないといけないな〜。→その子だけでなく、クラスという集団もし…

正解がたくさんある世の中

「正解のない世の中」 という表現が 苦しかったら、痛かったら、つらかったら 「正解がたくさんある世の中」や「正解が一つではない世の中」 という表現に変えたらどうだろう? 違いはよくわからないけど、 何となくいい 気がする

ウソップに恋して…

スラムダンクでは流川楓が一番好きなキャラクターだった。 では、ワンピースでは誰が一番好きなのか? またまた意外や意外、僕が一番好きなキャラクターは… ウソップなのだ。 ウソップは作者も「一番読者と距離が近いキャラクター」と言っているように、超人…

子どもは実験台なのか?

神奈川を去る際、ある保護者から言われたこと。 「石井先生が色々なことをやってくださって本当に楽しかったです」 その保護者の言葉はさらにこう続く。 「我が子が色々なことにチャレンジする場をたくさんいただけ、本当にありがたかったです」 その実践が…

他人のせい

今、目の前にある現状。 それは夢ではない。 それが事実なんだ。現実なんだ。 今のあなたの実力なんだ。 もし、それが理想と懸け離れていたとしても、 子どものせいにするな 親のせいにするな 他の先生のせいにするな 環境のせいにするな 社会のせいにするな…

これからの教師の生き方

神奈川の正規を退職しちゃったから、僕は現在、東京で非正規だ。 もちろん、不祥事を起こしたわけでなくて(^^;笑 キャリアステップさ。 でも、たとえば学級崩壊クラスを転々として、その都度立て直していく「フリーランスティーチャー」や、2年間の教育現場…

わかったふり わかったつもり

「わからない」子への指導は意外と楽である。 その子の心に火をつけるのと、もの、場所、時間、ヒトという学習環境を整えれば、けっこう成長が見える。 しかし、 「わかったふり」「わかったつもり」の子への指導は本当に大変だ。 テストでもよくカンニング…

インクルーシブデザイン

【インクルーシブデザイン】 数年前に「授業のユニバーサルデザイン」という言葉が出てきた。 「特別支援の視点を授業に取り入れようー」 とても素晴らしい考え方で、その後の教育に影響を与えてくれたと思う。 しかし、今だから言えるが、当時の授業のユニ…

まともじゃねえことをまともに考えたって…

「まともじゃねえことをまともに考えたって、考えるだけ無駄だってさ」 村上春樹「海辺のカフカ」に登場するホシノさんのセリフ。 この小説、すごく好きだ。どの場面もすごくいい。ただ、敢えて「1番心に残った場面は?」と問われれば、下巻242ページの9行目…

宿題契約

なんというか自分らしい実践。 実践名を結論からいうと、 その名も、 「宿題契約」 だ。 昨今、宿題についての「◯✕」が問われている。 どっちよりかといえば、僕は宿題「✕(バツ)」派だ。 たかが宿題だろ?と思う人もいるかもしれないが、意外と宿題は大変…

クラスでイノベーションの起こし方

【クラスでイノベーションの起こし方】 簡単。 「話し合いをやらないこと」です。 こーんな会話がありました。 その一。 「先生、来週の水曜日の昼休みにクラスレクをしたいので、何がやりたいかみんなに聞いていいですか?」 「そんなのいらないから、自分…

先生と言われることの「畏れ」

正直に言いなさい。 「自分の名前をネットで検索しちゃったことがある人!?」 「はいっ!!」 「俺!!!」 僕はあります。でも、あなたもきっとあるでしょう?笑 ちなみに僕の名前「石井康友」で検索すると、プロゴルファーや、熱い警察官さんが出てきまし…

誰かを悪者にする考え方・システム

うぅ、久々にモヤモヤ。 前の職場の先輩に言われた、「誰かを悪者にする考え方・システムはやめよう!」という言葉が胸に響く。 この言葉を胸に刻んで、できることを頑張ってこう自分。

答え合わせができる力!

個別化においても、協同化においても、アクティブ・ラーニングにおいても、受験勉強においても、 子どもたちが自分自身で「答え合わせができる」能力って大切だなぁ。 学習が得意な子は答え合わせをちゃんとやるし、やり方がうまい。 学習が苦手な子は答え合…

プログラミング教育とは?

昨今、様々な意見が交わされるプログラミングですが、学校教育でのプログラミング推進について、僕は基本的に「賛成」です。 ただ、プログラミングに賛成であって、プログラミング「教育」には反対です。何言ってるんだコイツ、と思わるかもしれませんが、ま…

北斗神拳のような授業!?

学校公開を利用して、Taichi Inoue先生の授業を観に行きました!国立市の中学校です! 教科は理科。さすがは中学校、小学生より教科書の内容がすごく難しくなっているなーと感じました! Taichi Inoue先生は『学び合い』に関する記事を教育雑誌にも書かれて…

メルカリの発想を落とし物に使ったら!?(※案です笑)

ネット売買アプリの「メルカリ」。 こいつを学校の「落とし物」に採用したら、面白くないかい!?笑 学校というところは本当に「落とし物」が多い。 本当に本当に多い…笑 これを「おもしろく」できないものか? たとえば、①メルカリ係というものをつくる。②…