春樹元年 〜日経MJと教育をベースに雑多なブログ〜

日経MJと村上春樹のファンです。ブログ名は村上「春樹」ともうすぐ年号が変わるので「元年」をくっつけました。東京都で小学校教師をやっています。「ファンタジスタ(規格外な閃きや創造性で、あらゆる人を魅了する)」な実践を積み上げ、ファンタジスタな教師になることを目標としていました。ただ、今はブログにも夢中です。頭に浮かんだ閃きを整理するために書きます。※本ブログに記載してある内容は個人の意見です。

学校に先生が足りない!?

頑張らなくていいじゃない… 忙しいんだもの 契約パパにお任せ 
イクメン集う「お父さんバンク」 「楽しい」子供もニッコリ 男性シッターも頼りに 

 

今日の日経MJの記事だ。

 

ついにお父さんも契約する時代になったか!

 

う、うらやましい…

 

学校の先生にも代行の先生が欲しいよ〜笑

 

 

 

今、学校に先生は足りない!

正直に暴露します。

 

今、学校に先生は足りません!

(正確に言うと都で200人ぐらい)

 

でも、おかしな話でしょ。だって、採用試験では何人もの教師の卵を不採用にしているのだからな。

 

そいつらが採用だったらこんなことにはならなかったんだ。

 

採用試験に落ちた人々はそんな役に立たない教員だったのだろうか?

 

いや、違う。

 

僕も経験あるけど、あんな採用試験なんかで、教師の資質なんて絶対にわかりやしない。

 

受験者が努力家で最新の教育に敏感な人でも、面接官の校長・教育委員会が無能で無知で、最新の教育に疎い人だったら最悪。

 

ぜんぜん受験者のよさや意見を引き出してくれないからだ。

 

そんな2流の試験、それが教育採用試験なのさ。

 

それでも適当に採用・不採用を決めて、挙句の果てに教員の数が足らないだって!

 

なんて無能なトップだろう。

 

しかも、そのミスの責任は全部現場任せだ。

 

ひどい話だ。

 

なんで新聞沙汰・ニュース沙汰にならないのかな?(マジで)

 

どんでもないことだ。

 

 

 

今日の絶望的な通知

そもそも先生の数が足らない中で、さらに絶望的な追い打ちをかけられる。

 

僕の学校でなんと2人が療休に入ってしまったのだ。

 

ただでさえ職員が足らない現場に、ここにきてさらにマイナス2だ。

 

先生がいないということは、まずは担任がいないので子どもが困る。

 

そして、担任の穴を埋めるために他の先生たちがカバーするため、結果先生の負担が増える。

 

最悪の悪循環だ。

 

でも、その2人の先生には罪はまったくない。

 

しょうがない休みなのだ。

 

 

 

大人の数を増やせばすべて解決!

昨今、学校の先生の働き方改革なんて話を聞くけど、チャンチャラおかしい話だ。

 

働き方が変わった実感なんて全く感じないからだ。

 

しかも日に日に忙しさが増していく。

 

色々な解決策がネットで騒がれているケド、はっきり言って「大人の数を増やす」ことによって解決されることは非常に多い。

 

でも、大人の数は無限に増やすことはできない。

 

なぜなら、学校の規模(学級の数、子どもの数)によって教員の数は決まってしまうからだ。

 

教員の数が定員に達していればまだいい。

 

しかし、今年度の現状はたくさんの学校で教員の数が定数に達していないのだ。

 

リスクヘッジを考えれば、先生だって病気・ケガがあるのは当たり前、だからこそ常に定員オーバーぐらいの採用が本来はいいはずなのだ。

 

自ら築いたシステムによって自爆するマヌケな組織、それが学校ってところだ。

 

 

 

先生がピンチのときに代行できる組織はないのか?

自分の組織を散々けなしてきたけど、それでも僕はこの仕事が好きだ。

 

素晴らしい職業だと思う。

 

だからこそ、苦しんで倒れていく先生を見ていくのが本当につらい…

 

冒頭の記事じゃないけど、今はあらゆるところでシェア・代行の時代なのだ。

 

ならば学校の先生だって、担任が何かあったときにサッと代わりになってくれる組織があってもおかしくない。

 

そんな組織があったら、安心して先生は病気を治すことに専念できるし、自分の息子が病気のときも休める。

 

 

いつか、いつか、自分がこの理想の組織の一員になって、たくさんの先生を救ってやりたい。

 

そんな夢を見ています。