春樹元年 〜日経MJと教育をベースに雑多なブログ〜

日経MJと村上春樹のファンです。ブログ名は村上「春樹」ともうすぐ年号が変わるので「元年」をくっつけました。東京都で小学校教師をやっています。「ファンタジスタ(規格外な閃きや創造性で、あらゆる人を魅了する)」な実践を積み上げ、ファンタジスタな教師になることを目標としていました。ただ、今はブログにも夢中です。頭に浮かんだ閃きを整理するために書きます。※本ブログに記載してある内容は個人の意見です。

ライザップって食品も出しているのか!?〜日経MJの最新ニュース〜

日経MJの記事から勝手に物語をつくりました。

 

 

思い込みは発明の敵 世代の違い、発想転換

ãã«ã¯ã®ãã¾ããã£ã³ãã«ãã¯å°ç¨æ©å¨ï¼åçä¸ï¼ã使ããã¬ãç»é¢ã§å­«ã«ãä¼ããã

テレビに映された孫の笑顔。大画面の前に座るおじいちゃん、おばあちゃんは思わず手を振ってしまう――。孫と祖父母が写真や動画を共有できるサービスは昔からあるが、普及はいまひとつ。そんな状況をブレークしそうな新サービスがチカク(東京・渋谷)の「まごチャンネル」だ。

 

「孫の顔が見たいね。」と、おじいちゃんが言った。

「そうだね。」と、おばあちゃんが答えた。

田舎に二人きりの老家族。息子は上京、孫の顔が見れるのも1年に数日だ。

そんなときに出会ったテクノロジーが「まごチャンネル」だった。

余計な機能などない。掃除機や洗濯機のボタンを押す感覚だ。ボタンを押すだけで、テレビに孫の姿が写る。

あらゆるテクノロジーの混乱の渦に飲まれながら、テレビだけはこの老家族も問題なく使える。なぜなら、テレビの歴史は白黒、ブラウン管と意外に古いからだ。老家族と共にテレビも年を重ねている。

若者ではなく、シニア世代にターゲットを絞った「まごチャンネル」、凶と出るか、吉と出るかはまだわからない。

 

 

 

(消費を斬る)万年筆、若い女性が支持 手書き文字、インスタ映え

高級文具のイメージが強かった万年筆。最近は300~1000円台とコストパフォーマンス(コスパ)に優れた製品が相次ぎ登場し、若い女性の人気を集めている。万年筆で書いた文字に、ボールペンとも違った味わい深さを感じる女性も多い。万年筆で書いた文章を写真交流サイト(SNS)に投稿するなど、新しい楽しみ方も広がっている。

 

ポケベルの時代からもう数年は経っただろうか?

かつての女性の文字といえば「メール」の印象がある。顔文字や絵文字を巧みに駆使し、時にはハートマークを入れ、男をメロメロにさせる。

鉛筆の文字にせよ、小学5年生ぐらいになると、だんだん顕著になってくる。女性の文字というのはかわいいのだ。何となく「まるっこい」。それが女性の(私の知っている限り)文字の特徴だ。

それが万年筆を手にした瞬間、どんな文字を書くのだろう?

ただ、字のきれいな女性は上品で美しい。メールのハートマークほどではないが、男を魅了するものがある。万年筆を手にした女性、まだ鮮明なイメージは沸かないが、妄想するに値する。

 

 

 

ベイスターズ、公式ホテル 室内はチームカラー 観光拠点へ

ããããå£ãªã©ã«ãã¤ã¹ã¿ã¼ãºã®æããããã£ã

【横浜】プロ野球の横浜DeNAベイスターズは、横浜スタジアムに隣接するホテル横浜ガーデン(横浜市)を初のオフィシャルホテルに指定した。ベッドや壁の模様などをチームカラーの青と白に統一、選手の写真を掲示した客室を5室用意し、試合を観戦できるパッケージツアー付き宿泊プランを発売する。

 

久々観に行った野球が横浜スタジアムだった。

ベイスターズ対スワローズ、隣の友人はもと高校球児だったので、ベラベラよく解説をしてくれる。

正直、野球なんて全然詳しくはない。未だにセカンドとショートの違いがわからない。(これは将棋の金と銀の動かし方の違いがわからないのと同じ感覚である)

あれ、突然みんな立って応援しているぞ、と思ったら、「あぁ、今攻撃なのね。」とやっと理解したレベルだ。

そんな中、初めて見た筒香選手はすごかった。応援の雰囲気がガラッと変わった。4番バッターに与えられる、特別の応援だ。ピッチャー投げた。カキーン。ホームラン。

いいものを見せてもらった。

そんな素敵な試合をいつも見せてくれたら、このスペシャルホテルとやらに泊まってもいいと思う。

 

 

 

修学旅行で宿坊へ 神奈川・伊勢原市 中高生受け入れ

【横浜】神奈川県伊勢原市は僧侶や寺院参拝者の宿泊施設である宿坊を活用し、中学校・高校の修学旅行や遠足を呼び込む取り組みを今夏に始める。市の観光協会が旅行会社と組んで宿坊で写経を体験したり、神主の講話を聞けたりするプランを作成する。

 

小中高と修学旅行を経験したが、中学校の修学旅行は思い出したくもない黒歴史だった。学年のワルが部屋に酒を持ち込んで、それがバレて…

その中にサッカー部の仲間も何人かいて、そいつらを修学旅行後に控えていた最後の大会に出さない、ということになってしまった。

そんで詫びを入れるために、みんなで「坊主」にして、最後の大会に3年生が「なんとか」全員出場できるようになったのだ。

人生で最初で最後の「坊主」だった。今となってはいい思い話だが。

そんな経験もあるせいか、修学旅行なんて最初から宿坊でありなんじゃないかと思う。

全員坊主にしろ、というわけではないが、普段味わえない、いい経験になると思う。

 

 

 

新製品・新商品

さぁ、今日も体と喧嘩するぐらい鍛えたぞ。

そんなときにはこれ、

 

RIZAP(東京都新宿区、0120.990149)の手軽にたんぱく質を摂取できるパウチタイプのゼリー飲料「ライザップ プロテインゼリー」

 

 「理想の自分への身近な一歩」がコンセプトの一般流通向け食品「ライザップ・ウェルネスシリーズ」の第1弾。必須アミノ酸BCAAを多く含む良質なたんぱく質成分を10グラム配合。ヨーグルト風味で飲みやすい。《200グラム入り、税別300円。関東地区限定》

 

 

鍛えたあとは香りに癒やされたい!

そんなときにはこれ、

 

晴香堂(奈良県三宅町、0745・43・1181)の飾っても楽しいアロマ拡散用ディフューザー「ハベノア」

 

 

 天然精油を100%使用。ブレンドした精油150ミリリットルが入ったボトルには、香りのキーとなるドライフラワーやドライフルーツが一緒に詰められ、見た目でも楽しめる。リラックスしたいときにぴったりな「ラベンダー&オレンジ」など4種類。香りは約半年間持続する。《税別9000円》

 

 

香りに癒やされたら、体もきれいに。

premin

premin

 

 

髪のケアも怠らずまいて。

ボタニスト ボタニカルヘアミルク モイスト 80mL

ボタニスト ボタニカルヘアミルク モイスト 80mL

 

 

体をきれいにいたら、さぁ出かけよう。

靴下ズレていないかい?

 

 

今日も色々な新製品・新商品がぞくぞく。

もうAmazonに販売されているものもあるようだ。

 

水曜日の日経MJも楽しみだ。